space
豊島区地図 ビジットシティとしま space 豊島区観光協会
目白 池袋 大塚 巣鴨 駒込 雑司が谷 長崎
白帯
space
space 観光ガイド >> ぐるっと豊島 >> エリアE space
space space space space space
space
corner space corner
space
ぐるっと豊島 ここ
space space space
観光情報センター space
space space space
space 観光情報センターについて space
space space space
space 観光情報センターブログ space
space space space
観光注目情報 space
space space space
space 宿泊施設一覧 space
space space space
space 文化・芸術施設一覧 space
space space space
space 交通インフォメーション space
space space space
space 雑司が谷七福神巡り space
space space space
space 観光パンフレット space
space space space
space WIA友好交流協定 space
space
corner space corner
space
areaA
 学習院の緑の森。目白・落合の高級住宅街に年輪を刻む木立。目白駅のプラットフォームに立つと、何故かホッとする。不思議な落ち着きを持つ目白。瀟洒なたたずまいの改札を出ると、駅前には古くから重要な交通路としての役割を果たしてきた目白通りが、東西に走る。
 その昔、この辺り一帯は鷹狩りの場だったといわれる。目白駅が開業したのは明治18年。当時は主として貨物取り扱い駅で、品川-赤羽間の6駅(品川・渋谷・新宿・目白・板橋・赤羽)の一駅にすぎなかった。乗降客が目立つようになったのは、日本鉄道豊島線池袋-田端が開通した明治36年頃からのこと。さらに明治41年に学習院が現在地に移転してきて、急速に賑わいをみせるようになった。
 目白通りを目白台方面に向かうと、学校群とともに多くの名所旧跡がある。とりわけ、天正6年の創建で今も参詣者がたえない雑司が谷鬼子母神の存在が、目白を賑わいのあるまちにした。
space
space
 また、目白通りを練馬方面に向かうと、両側一帯には、「赤い鳥」を創刊した児童文学者鈴木三重吉をはじめ、作家舟橋聖一、画家安井曽太郎、女流作家宮本百合子ら多くの文人墨客が好んで住み、閑静でシックな目白二丁目とともに目白文化圏を形成。いまも各所にそのたたずまいが残る。
 こうした立地をバックヤードに、目白通りを中心とした商店街は、モノもヒトも洗練されたスマートさが漂う。
space space space
space space こちらからおすすめ散策コースをご覧いただけます
散歩コース
space space space
areaAspaceareaBspaceareaCspaceareaDspaceareaEspaceareaF
space
space space space space space
space spaceお問い合せ space