space
豊島区地図 ビジットシティとしま space 豊島区観光協会
目白 池袋 大塚 巣鴨 駒込 雑司が谷 長崎
白帯
space
space 観光ガイド >> ぐるっと豊島 >> エリアF space
space space space space space
space
corner space corner
space
ぐるっと豊島 ここ
space space space
観光情報センター space
space space space
space 観光情報センターについて space
space space space
space 観光情報センターブログ space
space space space
観光注目情報 space
space space space
space 宿泊施設一覧 space
space space space
space 文化・芸術施設一覧 space
space space space
space 交通インフォメーション space
space space space
space 雑司が谷七福神巡り space
space space space
space 観光パンフレット space
space space space
space WIA友好交流協定 space
space
corner space corner
space
areaA
 豊島区の地形は鳥が頭を北にして羽を広げた形に似ている。その左の羽にあたる部分が、長崎から千川、千早、高松、要町の一帯。閑静な住宅街が続き、人々の暮らしが身近にあり、小鳥のさえずりが、四季の移り変わりを知らせてくれる。
 長崎村として栄えたこの一帯、西武池袋線「椎名町駅」北口の長崎神社が暮らしの中心にあった。江戸時代からの鎮守で、5月に催される長崎獅子舞は江戸末期から伝承される民俗芸能。9月の長崎神社例大祭には神社前の路地が露店商で埋まり、文字通り人の波となる。
 長崎村の一画、南長崎の一つのアパートに突然スポットが当たったのは昭和40年代後半。アニメブームのきっかけとなり、戦後日本のサブカルチャーを大きく発展させた「トキワ荘」。昭和28年に新築まもないトキワ荘の一室を、手塚治虫が仕事場にしたのがはじまり。石ノ森章太郎、藤子不二雄、赤塚不二夫、水野英子ら多くのマンガ家が情熱を燃やし、やがては「トキワ荘のヒーローたち」とよばれてマンガ文化の担い手となった。
space
 長崎を中心に千早、要町界隈には「さくらが丘パルテノン」をはじめアトリエ村があり、若い画家や彫刻家が切磋琢磨したのはあまりにも有名。
 千早には、自然と親しむ生涯を送った熊谷守一の美術館がある。
 この界隈は都心近くにあって、四季を楽しめる閑静な住宅地であったことから、池田亀鑑、山手樹一郎、水上勉、窪川鶴次郎、石垣綾子ら多くの文人もこの地に住んだ。
space space space
space space こちらからおすすめ散策コースをご覧いただけます
散歩コース
space space space
areaAspaceareaBspaceareaCspaceareaDspaceareaEspaceareaF
space
space space space space space
space spaceお問い合せ space